ボイトレではどんな感じの練習をするのか【初心者お断り?】

2020/12/05

ボイトレ

t f B! P L
ボイトレではどんな感じの練習をするのか【初心者お断り?】

歌が上手くなりたい。
ボイトレに通ってみたい。
でも、初心者が行っていいのか不安。
あと、本当にうまくなれるの?

とお悩みのあなたへ「ボイトレではどんな感じの練習をするのか【初心者お断り?】」というテーマで解説していきます。

この記事を読めば、ボイトレに通うとどんな感じの練習をするのかが分かります。

なぜなら、私は今まで9名のボイトレの先生に指導を受けた経験があるので、まだボイトレに通ったことがないあなたへ、実際のところをお話できます。

「初心者でも平気?」
「歌は上手くなれるの?」

といった疑問にも私の体験談からお答えします。ぜひ最後までご覧ください。

ボイトレの先生との相性については、以下の記事をご覧ください。

ボイトレの先生との相性チェック3つの確認【辛く感じる前に】

ボイトレの先生が厳しい。悪い所を説明されてもよく分からない。歌うのが辛くなってきた。とお悩みの方へ、ボイトレの先生との相性について私の体験から解説します。

ボイトレではどんな感じの練習をするのか

ボイトレではどんな感じの練習をするのか【初心者お断り?】

次の3つの切り口で解説していきます。
  1. ボイトレでやる練習はこんな感じ
  2. 初心者はお断りなのか
  3. 実際、上手くなれるの?
どれもよく質問を受ける内容です。

興味があっても、初めてやることは不安になりますよね。

ボイトレに通うというのはお金がかかること。事前に情報を集めたいという気持ち分かります。

なので、ボイトレのキラキラした部分だけでなく、注意した方がよいところも書いていますので参考にしてください。

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

ボイトレでやる練習はこんな感じ

ボイトレでやる練習はこんな感じ

解説する一つ目の内容は「ボイトレでやる練習はこんな感じ」です。

ボイトレで一番気になるのは「どんな練習をするか?」ですよね。

必ずこれはレッスンで教わる、という内容を説明します。

姿勢

ボイトレでは歌う体の姿勢を教わります。

経験上、お教室によっては体験レッスンでここから説明されることもありました。

それまで歌う時の姿勢について特に意識していなかった、という人は姿勢を良くするだけでびっくりするくらい声が出るようになったりします。

日常生活ではあまり使うことのない、発声時の姿勢をキープするレッスンになりますので、次の日、筋肉痛になるということも。

私が初めてボイトレを受けた翌日は、今まで経験したことがない部位が筋肉痛になりました。

呼吸

呼吸の練習もボイトレのレッスンでは必ずと言っていいほど行われます。

あなたも耳にしたことがあるでしょう「腹式呼吸」です。この腹式呼吸の練習方法は、お教室の特色がでます。
  • バランスボールを使う
  • 特殊な体勢になる
  • 手を使う
などなど

なかには「腹式呼吸の練習はしません!」という実践的な指導をされる先生もいますが、少数派の印象です。

歌唱テクニック

「姿勢」や「呼吸」といった基礎的なレッスンが進むと、いよいよ歌唱テクニックの指導が始まります。

長いこと独学で練習してきて、ボイトレに通い始めた段階でもうそこそこのレベル、という場合はここから始まることがあります。

でもボイトレ初心者の人は、いきなり歌唱テクニックから教わるというのは稀です。

ボイトレで教わる歌唱テクニックは
  • 高音発声
  • ビブラート
  • 抑揚の付け方
などです。

私の時は、なかなか高い声の出し方を教えてもらえず、ボイトレへのモチベーションが下がったことがあります。

今なら分かるのですが、基礎的な部分がおろそかな状態で高度なことを「形だけ」やろうとすると変な癖がついてしまうのです。

「○週間で高い声があなたの物に!」といったキラキラした宣伝文句を目にしますが、真摯に指導してくれる先生ほど、基礎トレーニングのレッスンをしっかりやります。

初心者はお断りなのか

初心者はお断りなのか

解説する二つ目の内容は「初心者はお断りなのか」です。

「自分は音痴だから、こんなレベルの人間がボイトレに通っていいのかなぁ」と不安になる気持ち分かります。

確かに、初心者は避けた方がよいボイトレ教室は存在します。

初心者向けかどうかの見分け方をお伝えしますね。

カラオケ教室とボイトレスクール

一口にボイトレといっても、様々なお教室が存在します。

なぜなら、レッスンの対象としている人が異なるからです。

分かりやすいのが「カラオケ教室」と「ボイトレスクール」の違い。前者は趣味レベルの人を対象としていて、後者はプロを目指す人向けといった感じです。

趣味として音楽を楽しむ人と、仕事として将来歌いたいという人では、練習にかける熱量も違いますし、指導内容も厳しくなります。

気になるボイトレ教室のホームページを確認して「プロデビュー○人の実績あり!」といった文字があったら、そこはプロを目指す人向けと判断して良いでしょう。

レッスンコースを確認

もっと分かりやすいのがレッスンコースです。

明確に「プロコース」といった名前で、通常のレッスンと別れていることがあります。

レッスンの回数も、通常のコースは月に2回のところ、プロコースは月に4回、そしてレッスン料も異なるといった感じです。

本当に初心者レベルで、基礎的な所からスタートしたいという時は、レッスンコースを必ず確認するようにしましょう。

たいていの場合、どこのお教室でも体験レッスンの後、コースの説明をしてくれますので、そこまで不安にならなくて大丈夫ですよ。

特化型レッスンは上級者向け

「高音発声の練習のみを行う」といった特化型レッスンは上級者向けなので、注意が必要です。

私が受けた短期の特化型レッスンは「ミックスボイスを強化する」という内容でした。

「強化」なので、既にできていることが前提に説明開始。なので、もし初心者の方が受けてしまうと、相当辛いレッスンになってしまうと思います。

初めのうちは、難しいことができないのはあたりまえ。やれてしまうのは一部の天才。

「私には才能がないんだ」と歌うことにネガティブになってしまうのは、とても悲しいことです。

自分は初心者という自覚がある人は、特化型レッスンは避けた方が良いでしょう。

実際、上手くなれるの?

実際、上手くなれるの?

解説する三つ目の内容は「実際、上手くなれるの?」です。

ボイトレに通っても歌が上手くなれないのだとしたら、通う意味がないですよね。

そこのところをお話ししていきます。

カラオケ採点の点数はアップ

私はボイトレに通って、明らかにカラオケ採点の点数はアップしました。80点代しか出せなかったのが、90点台が連発するようになる感じです。

このあたりは習った歌唱テクニックが、そのまま点数に直結するので分かりやすい結果が得られます。

「カラオケ採点満点=歌が上手い」の価値観であれば、ボイトレに通えば確実に歌は上手くなります。

歌が上手いとは何か自問自答

ボイトレに通って練習することで、カラオケ採点の点数もアップして、周りからも「前より歌上手くなったね!」と言ってもらえるようになります。

ただ、そこで満足するかどうか、分かれ道があります。

どういうことかというと「歌が上手いとは何か」という問いかけがあるからです。

私はカラオケ採点の結果が良くなっても、周りから褒めてもらっても、現状に満足していません。自問自答の日々です。

今まで出会ってきた人の中にはもっと上手い人がたくさんいましたし、何より「もっとこうしたい!」とより高みを目指すようになっています。

広がる世界観

歌が上手くなるかどうかの話に関係することで、私がボイトレに通い始めた頃は原曲キーで歌うことにこだわっていました。

同じように「高い声を出せるようになりたい!」願う人は多いと思います。でも今の私は原曲キーこだわっていません。

それは自分の歌の良いところを生かしていきたいと思い始めたから。聴いてくれている人のために精一杯、歌いたいと思えるようになったのです。

カラオケ採点では測れないもっと大切なこと、ボイトレはあなたの世界観を広げてくれますよ。

まとめ

まとめ


今日は「ボイトレではどんな感じの練習をするのか【初心者お断り?】」というテーマで解説してきました。いかがでしたでしょうか。

解説した内容は
  1. ボイトレでやる練習はこんな感じ
  2. 初心者はお断りなのか
  3. 実際、上手くなれるの?
です。

定番のレッスン内容から、最後は「歌が上手いとは何か」といった少し難しい内容までお伝えしました。

昨今はYouTubeでボイトレ動画もたくさんあるので、テクニックだけであれば独学でも事足りてしまうかもしれません。

でも、実体験として私はボイトレに通って音楽の世界観が広がりましたので、ボイトレに興味があるというあなたの背中を押したいと思っています。

上手くなりたいという想いがあれば十分です。初心者だからとかは気にする必要はありません。

この記事が少しでもあなたの参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。それでは~